【店長の考え】目で見たものを信じることも大事だが、目で見たものだけを信じてはいけない

人間の行動

見えたものが真実とは限らない!?

どんなにいい物や技術やサービスを売っていても、集客ができなければ一切売れることはありません。

逆に、悪いものを扱っていたとしても、集客ができればむしろ良いものとして扱われることすらあると言われています。

集客することは難しいことで、圧倒的な技術やカリスマ性で集客できる才能があればうらやましいのですが、そんなのは1万人に1人レベルの話ですので、それを目指すのもおかしな話です。

周りの成功している社長さんの例を見れば、多くの方は謙虚で、見栄を張らず、自分は劣っている、これができない、あの人はすごい、と、ありのままを認めているもの。

そういう人には周りの人が手を差し伸べ、助けてくれて、結果として多くの人を巻き込んで共存共栄していくというパターンを私は見てきました。

ただ、全く同じことを別の人がやったとしても同じ結果になるとは限らず、むしろなぜか反感を買ってしまうことさえあるんですよね。

謙虚であることは立派な才能であり、天性のカリスマ性とは違って鍛えれば身に着く能力でもあるということなのでしょう。

しかし、表向きだけの謙虚さはすぐに見破られます。あなたは身体の内側からにじみ出る謙虚さを身に着けなければなりません。

自分を変えるということにものすごい抵抗を感じる人がいたり、自分を変えることが難しいと考える人は多いですが、世界中があっという間に激変してしまうのに、自分を変えることができないわけがありません。

自分を変えたり鍛える簡単な方法がひとつあります。

それは、自分が目指したい人と同じ場所に居ることです。

人間は一緒にいる人に影響を受けやすく、同じような人柄になりやすいもの。

まじめな人と居ればまじめな人になり、サボる人と居ればサボるようになる。良い人と居れば良い人になり、悪い人と居れば悪い人になる。

謙虚な人と一緒に居れば、謙虚な自分になる。ただそれだけです。

自分を強制的にどうこうしようなんて考えなくても、自然にそうなるんです。

簡単ですよね。

ビジネスでも同じです。集客ができなければ、集客が得意な人のところへ飛び込めばいいですし、自分が苦手だと思うことが得意な人のところで修行すればいい。

結局のところ、謙虚さがない人にはそれができないんですけどね。

人間、何をするかではなく、誰といるか。

誰といるかを決めるには、あの人は何を話すかではなく、何をしているかを見ること。

目に見えるものだけを信じてはいけない一方で、目で見たものを信じることが必要な世の中ですね。

当店の書籍で、時代の変化に惑わされない店舗運営の不変のノウハウを学びましょう


リサイクルショップの売上利益を上げる20のテクニック

リサイクルショップの売上・利益を上げる20のテクニック【お宝系リサイクルショップ不変の戦略】

あなたがやるべきことをシンプル&明確に理解して、
高い目標をクリアしよう!


お宝系リサイクルショップ人材育成

店長だけが頑張っても お店は良くならない!

自分が育ち、スタッフも育って業績が上がる19の戦略
人材育成に関する悩みを解決し、自分のやるべきことに使う時間を手に入れよう!


ほめるのが上手い店長になれば業績は勝手に上がる!

ほめるのが上手い店長になれば
業績は勝手に上がる!

明日からでもすぐに使える技術、
1度覚えればずっと変わらない「ほめる・認める技術」をまとめました


ライブ配信でモテる男になる

俺のことスルーするの
やめてもらっていいですか?

女性ライブ配信者に「あなたにいてほしい」と思わせる
35+1のコメント術


あなたに役立つ情報ですのでぜひご活用ください。