【店長の考え】プロに必要なのは本当に結果だけなのか?

人間の行動

プロは結果だけ気にしてればいいの?

「給料をもらう以上はプロなのだから、プロは結果がすべてだ」という考えがあるのですが、部下を教育する時の上司は、これを逃げ道にしてはいけないと思うんです。

たしかに結果そのものは大事ですし、社員・スタッフにはいい結果を出してほしいのですが、良い結果でも悪い結果でも、それに至るまでの長い過程にまで目を向けて評価をするという考え方も欲しいと思います。

超一流の本物のプロであれば過程はすっ飛ばし、結果だけを評価に直結させてもいいのでしょうけど、ほとんどの人間はそういう意味でのプロフェッショナルではありませんからね。

普通のプロに対して結果だけにフォーカスしてしまうと、良い結果を出す(見せかける)ため、または失敗や悪い部分を隠すために不正をするようにもなりかねないし、何もしない方がまだマシだという発想になりやすいと思うんです。

良かったときも悪かったときも、上司はその過程まで評価するべきで、「これのおかげでここが良かった」「結果は残念だったけどここは良かったと思う」という言葉を投げかけることでその人の存在を認めることになり、言われた側は「次はこうしてみよう」と自発的にどう動けばいいかを考えるようになるものです。

しかし上司の側に立ってみると、それがなかなか難しいことであるがために、結果だけで評価する仕組みを作ってしまうんですよね。

結果、出る杭は打たれ、足を引っ張り合い、みんなやる気をなくす組織になる。(ただし、過程だけを給料の評価基準にすると今度は結果を伴わない不平不満が出るのですが)

私の意見では、職場のスタッフからやる気が感じられないと思っている上司は、モチベーションアップ対策としては、手っ取り早くスタッフの給料を上げることよりも、スタッフの仕事の過程がより簡単に把握できる仕組みを考えるのを自分の仕事としてみるといいと思います。

こういうことを言うと必ず「そんな時間はない」という人がいるのですが、そういう人に限って、誰がやっても結果が変わらないような仕事を自分がやらなきゃいけないものと思い込み、しょうもない仕事をやっているものなのです。(でも、それもその人が悪いわけではなく、何かやっていないと不安になる、何かに打ち込んでいるふりをしていないと気まずいみたいな、会社が作った悪い習慣の一環だと思います)

だとすれば、それを止めることで時間は作れるはずです。

チームの規模にもよりますが、上司というのは、(何かやっているように見せかけないと現場スタッフから信頼をなくしてしまわないかと考えて)なにかの歯車のひとつになるのではなく、スタッフのひとりひとり、大小さまざまな歯車に適切なタイミングで注油する役割を担うほうがチーム全体にトラブルも少なく長持ちするのです。

逆に、上司としてやってはいけないことは、結果が悪かったときや何かの失敗をしたときに反省や謝罪をさせることです。

相手側から自然に出てきた謝罪や反省は評価に値すると思うのですが、上司がそれを求めて出てきたものにあまり意味がありません。

なにかの裁判のときに被疑者(犯罪者)が口にする反省の言葉を傍聴人の誰もが信じないのと同じで、その反省や謝罪の言葉には意味も中身もないし、むしろそれは今後のやる気を奪うか、最悪の場合は恨みや妬みになって返ってくることになります。

その悪い結果の原因や失敗の責任は本当にその人にあるのか?

組織における全ての結果の原因や責任は上司にあります。ですから、何か悪いことが起きた時に謝らなければならないのはそのスタッフではなく、誰なのか?と私は思うんです。

あなたは何かを成し遂げて誰かの上司になっているはずですから、失敗もゆくゆくは成功に変えるための単なるひとつの過程であり、成功に結び付ける喜びを経験として知っているはずですから、他人の失敗にいちいちケチを付けないことはできるはずです。

当店の書籍で、時代の変化に惑わされない店舗運営の不変のノウハウを学びましょう


リサイクルショップの売上利益を上げる20のテクニック

リサイクルショップの売上・利益を上げる20のテクニック【お宝系リサイクルショップ不変の戦略】

あなたがやるべきことをシンプル&明確に理解して、
高い目標をクリアしよう!


お宝系リサイクルショップ人材育成

店長だけが頑張っても お店は良くならない!

自分が育ち、スタッフも育って業績が上がる19の戦略
人材育成に関する悩みを解決し、自分のやるべきことに使う時間を手に入れよう!


ほめるのが上手い店長になれば業績は勝手に上がる!

ほめるのが上手い店長になれば
業績は勝手に上がる!

明日からでもすぐに使える技術、
1度覚えればずっと変わらない「ほめる・認める技術」をまとめました


ライブ配信でモテる男になる

俺のことスルーするの
やめてもらっていいですか?

女性ライブ配信者に「あなたにいてほしい」と思わせる
35+1のコメント術


あなたに役立つ情報ですのでぜひご活用ください。