【店長の知識】美味しい鍋料理と組織の話

組織の話

美味しい鍋料理の条件

私が組織のことを話すときによくたとえに出るのが鍋料理のこと。

組織の舵を切るのは上司の仕事ですが、それそのものは良い時もあれば悪い時もあり、常に100点を取ることなんて不可能。

上司の仕事というのはまさしく鍋料理そのもので、まずはこの組織をどんな鍋にするのか、どんな鍋料理を作るか決めて、材料集めをする。

そして、出汁となるベースのスープがあって、それによりそれぞれの集められた素材が活きる。逆に、集まった素材を見てベースのスープを決めたっていい。

不思議なもので、まったく同じ素材・材料を同じ分量だけだれか2人に渡しても、料理人次第で味が変わったりするもの。

また、もう材料も全部入れて、鍋を火にかけて蓋もしてしまってから上司が交代したとしても、どうにもならないというところも似ている。

よく何かの失敗や不祥事を起こした時、責任を取って上司が交代するみたいなことが起きますが、それをするなら全ての反省や責任の所在が終わった時点でなければ物事のビジョンがぼやけてしまい、組織にとっての損失はより大きくなっていまうような気がします。

そして鍋料理というのは不思議なもので、どんな高級素材を集めた鍋より、素材同士の相性がいいものが入った鍋の方が美味しくなることもありますよね。

高級食材のような超エリートが入社して来ないような中小零細企業であればむしろ、そういう鍋を作ることを目指したいもの。

残念ながら事業や商売というのは100%正解を選び続けることなんてできないのだから、沢山の失敗を積み重ねなければならないんです。

失敗から目を逸らしていたら、「自分たちの鍋はもっと美味しいはずだったのに」という妄想しか残らないんです。

当店の書籍で、時代の変化に惑わされない店舗運営の不変のノウハウを学びましょう


リサイクルショップの売上利益を上げる20のテクニック

リサイクルショップの売上・利益を上げる20のテクニック【お宝系リサイクルショップ不変の戦略】

あなたがやるべきことをシンプル&明確に理解して、
高い目標をクリアしよう!


お宝系リサイクルショップ人材育成

店長だけが頑張っても お店は良くならない!

自分が育ち、スタッフも育って業績が上がる19の戦略
人材育成に関する悩みを解決し、自分のやるべきことに使う時間を手に入れよう!


ほめるのが上手い店長になれば業績は勝手に上がる!

ほめるのが上手い店長になれば
業績は勝手に上がる!

明日からでもすぐに使える技術、
1度覚えればずっと変わらない「ほめる・認める技術」をまとめました


ライブ配信でモテる男になる

俺のことスルーするの
やめてもらっていいですか?

女性ライブ配信者に「あなたにいてほしい」と思わせる
35+1のコメント術


あなたに役立つ情報ですのでぜひご活用ください。